『FUJIのF−120』その後

 大井町に食事に出たので.....シブヤ楽器にストラトとこの前買ったFUJIの

アコギを2本持って行った!

まずアコギのスロットル調節等をその場でやってもらったがあまり芳しくない

....もうスロットルがまわらないようだ

ブリッジ調節をやってもらうと更にカネかかる......それでも

良くなるかはやってみないと分からないという〜ビビリが出る可能性もあるとか.....

なのでスロットル診断等でストップ!!


ストラトは『逆反り』してるらしい『3点調節』6800円をしてもらうために

預けて来た『逆反り』なのでスロットルが緩い方に回らないそうだ

暫くは太い弦を張っておくといいらしい..........

スロットル診断等含めて..........

全部で前払いで1万円かかってしまった!


ストラトはコレで2回目の修理になる


ギターは消耗部品があるし〜どうしてもネックが反る............

そのまま使えば上達にも影響する

何年かごとに調整は必要です........車検みたいなものですね

弾かないでおくともっとひどくなる!


ギターはリペアにもカネがかかるな.....................


もう〜ディスカウットショップで安いギターを買うのは止めよう(笑)

『FUJIのF−120』外見はカッコいいんだけどな

少し反りが直ったのでチューニングして弾いてみたが枯れた音が良く鳴るのだけど

「シャリシャリ」した音だな............


つくづく〜いつも使ってるエピフォンのT−160のアゴギが弾きやすいのだと

思いました



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック