セミアコ/グレコの335のケア「001」

 

30年前の高校生時代に買った 

10万円のセミアコ/グレコの335コピーモデル ある!

335セミアコ


最初のケア(修理)は自分でトライしてみた!!


ピックアップのエスカッション(カバー) 

をとめている4つのネジがサビてネジの溝もつぶれ... 

エスカッション自体も割れてきていたので、 

「修理」をしなくては.....っと楽器屋とかで 

いろいろ聞いてみたのだが、修理代が高そうなので

部品を買って来て自分でやることにした 


しかし、この部品選びも大変!

ポピュラーなギターの部品のだいたいの企画サイズってのは 

きまってるみたいだが... 

たとえ、フェンダーやギブソンのその種類の純正パーツでも 

製造年代によってネジの数やネジ位置&ネジの径も違ったりする 

.....コピーモデルならもっと分からない................. 


一番いいのは部品を持って行って合わせて買うのがいいのだが〜 

今回は賭けで部品を買って来た....... 

エスカッションの4つのネジはどうにか合った^^! 

しかしハムバッカー(ピックアップ)をスプリングでとめててる 

ネジの径が合わず〜結局それは古いネジを磨いて使用することに....... 


イヤ〜〜こういう修理って苦手な方なんだが......... 

やってみると意外と出来るもんだな........ 


今回、黒のエスカッションをとめる4つのネジを 

金色にしてみたが〜これがカッヨイイイイイイ!! 


ただし〜今回、エスカッション外してみて 

分かったコトだがネジ穴まわりの木製の箇所にかなりクラックが 

入っている.......... 

....................う〜〜〜ン心配 

買ってから30年近く経つからな〜〜コイツ^^; 


ネジ穴まわりの木製の箇所のクラックの修理は自分では無理だ!


**********************************************

■細部までこだわりぬいたセミアコースティックギター
Fujigen フジゲン セミアコ MSA-CH 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック